TOP独り言 ≫ ★苺の思い出♪

★苺の思い出♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございますヾ(o´∀`o)ノ 
マロンは今日も元気です。健康に感謝

今日はマロンママの独り言です。

興味のない方はスルーしてくださいね。

最近作ったお友達への洋服…

苺がいっぱいのかわいい生地で作りました。

DSC_3608_P.jpg

でもね、ちょっとサイズが大きくて、

作り直すことにしたので、

部屋の片隅に置いてあったんです。


先日、家に遊びに来た母が、その服を見て、

「まぁ、可愛い洋服やな。」と言ったのです。


ふだんは「可愛い」なんて言葉使うことはあまりないのですが、

苺の柄を見て、思わず口から出たようです。


その言葉を聞いて、私は小学生の頃のことを思い出しました。

小学生の低学年、1年か2年生の時のことです。

私はある日、友達から言われたのです。

「いっつもその服着とるな。」と。

私は洋服には無関心な子だったので、

友達に言われてはじめて、そのことに気づきました。


「その服」とは、可愛い苺柄の毛糸のベストでした。

毛糸の服なんて、子どもの頃はそんなにしょっちゅう洗うものでもなかったし、

私は泥などで服が汚れるのは嫌いな子どもだったので、

そんなに汚れなかったのでしょう。

母が出してくれる、その苺の服を

しばらく続けて着ていたのだと思います。


なぜ母が、その苺の服を続けて出していたか考えたこともなかったけど、

その母の「可愛い洋服やな。」という言葉を聞いて、

もしかして、母があの苺の服を気に入っていたからだったのかな?

と思ったのです。


友達に言われたこと母に話した後、母はその苺の服はあまり出してくれなくなった気がします。

遠い記憶なので、あまり覚えていないけど。

それに子どもの服なんて1シーズン着たら、

終わりだもんね…すぐに大きくなるから。


苺の服の行方はわからないけれど、

そんな苺のベストがあったことを私はなぜかずっと忘れられずにいたんです。


最近、物忘れがひどくなってきたけど、

母はまだ覚えているのかな?苺柄のベストのことを。

今度聞いてみようかな。


「記事読んだよ~」の印に、マロンちゃんをポチッとしていただけると嬉しいですO(≧∇≦)O
      
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

お忙しいのにポチッありがとうございます。またのお越しをお待ちしております




スポンサーサイト
Comments (-)Trackbacks (-) | 独り言