TOP病気 ≫ フィラリアのお薬で副作用

フィラリアのお薬で副作用

今日もマロンに会いに来てくれてありがとうございます。

日帰り淡路の旅の途中ですが、昨日(5月1日)のマロンのお話になります。

文字だけですので、興味のない方はスルーしてくださいね。


昨日は、朝10時30分くらいにあぽろさんに行って、ランランしてきました。

少し暑かったので、いつもほどは走らず、12時頃に家に帰りました。

もちろん、ランでは休憩を取りながら走っていましたし、ちゃんとお水も飲んでいました。



昨日は5月1日。

5月になったらフィラリアのお薬あげてくださいと言われていたので、夕飯にお薬を入れて食べさせたんです。

フィラリアのお薬の名前は「ミルベマイシンA」です。

錠剤だったので、固くて残すかな~と思ったのですが、きれいに完食してありました。


実は今年になってマロンの病院をかえたんです。

今まで行っていたところはとても人気で待ち時間が長いので、従姉妹が行っている病院を紹介してもらったんです。

そこは、あまり待ち時間もなく、予約もなしですっと見てもらえるので、重宝していました。

狂犬病の注射を打ってもらったとき、フロントライン(聞いたけど飲み薬は置いてなかったので、またこれになりました)とミルベマイシンを買ってきてあったんです。

前の病院ではお肉のようなお薬(名前忘れました)だったのですが、今回は錠剤。

上手に食べられるかな~と言う心配しかしていなかったんです。

ご飯を食べて1時間~1時間30分後、マロンが嘔吐を繰り返し、うんPもいつもと違うちっちゃいうんPを何度もするんです。

最初は、今日暑いところで走ったから、熱中症かな?と思っていたのですが、それまでは元気だったのに、急にこんな事になる??…そうだ、今日お薬あげたんだった。

きっとお薬のせいだ。

今日はたまたま早く帰ってきてたパパにすぐに病院に電話してもらいました。

「お薬の影響の可能性が高いけど、もし、明日の朝まだ元気がなければ病院に連れてきてください。」という返事でした。

マロンは元気もなく、ずっと横たわったままで、立ち歩こうともしません。

マロンは何も言えないけど、きっとお腹痛いんだよね? 身体だるいんだよね?

ママは何にもしてあげられなくてごめんね。

まさか、フィラリアのお薬でこんな事になるなんて…思ってもみなかったよ。

もうこのお薬ミルベマイシンAは絶対に使わないからね。


この薬が気になってネットでいろいろ調べてみました。

マロンの症状が、この薬の副作用と同じでした。

また、ミルベマイシンが一番副作用がない薬と言われていると書いてあるところもありました。

でも、マロンには副作用でてるし…本当なのかな?

ただ単に、マロンにはこのお薬が合わなかっただけなのかな?


今日はマロンがトイレに行きたくなったときのために、トイレのあるリビングで一緒に寝るつもりです。

朝には元気になってくれるかな?

今日はママ寝られるかな?

心配で眠れないかもしれない…

何度もマロンが息をしているか確かめたくなる…

早く元気になってね…いつものマロンに戻ってね…

マロンの力のない目に早く輝きが戻りますように。

また、マロンの様子はブログで報告させていただきます。

お帰りの際、マロンちゃんをポチッとしていただけると嬉しいですO(≧∇≦)O
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
 

いつも応援ありがとうございます。

本日はコメント欄は閉じさせていただきます。

スポンサーサイト
Comments (-)Trackbacks (-) | 病気