TOPおでかけ ≫ オーチャードさんでのもう一つの出会い

オーチャードさんでのもう一つの出会い

今日もマロンに会いに来てくれてありがとうございます。
ヽ(。ゝω・)ノ☆;:* マロンは今日も元気です。

2月1日、わんにゃんドームの後、グリーンオーチャードさんへお邪魔したとき、もう一つの出会いがありました。

それは、トイプードルのモコちゃんとの出会いです。

DSC_0525_R.jpg

私たちが座った席の隣に仲の良さそうなお母さんと娘さんがいらっしゃいました。

そのお母さんの腕の中で、おとなしく抱かれていたのがモコちゃんです。

モコちゃんはマロンくらいの大きさの女の子。

モコちゃんをよく見ると目が白くなっているようだったので、「何歳ですか?」とたずねると、

「7歳です。」

ちょっとびっくりした私は、目のことをたずねました…

そうすると、モコちゃんの目について教えてくれました。

DSC_0528_R.jpg


もう左目はほとんど見えていないようだけど、まだ右目は少し見えてるようだと言うこと。

先天性の目の病気だということ。

白内障は水晶体が曇る病気だけど、モコちゃんの目は水晶体よりもっと奥の場所が悪いというお医者さまの診断だったこと。

目が見えなくなってもワンコにとってはそんなに不便なものではないとお医者さまに言われたこと。

DSC_0529_R.jpg

目が見えなくて、不便なわけないですよね…

お医者さまの慰めの言葉だったのかもしれないけど…

モコちゃんのお母さんは目が悪くなったと思われる頃、モコちゃんが変な鳴き方をすることに気がついたそうです。

だから、何かがモコちゃんに起こったんだと思ったそうです。

でもやっぱり目だとはすぐには気がつかなかったようです。

「お母さん。モコ目がよく見えないよ~。」って鳴いていたのかなって考えると切ないですね

でも、そんなつらいことを微塵も感じさせない明るいお母さんと娘さん。

仲の良いステキな親子でした

マロンが病気になったとき早く気づいてあげられるかな? 

ううん、絶対気づいてあげなきゃ

お帰りの際、マロンちゃんをポチッとしていただけると嬉しいですO(≧∇≦)O
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
またモコちゃんと会えたらいいね

いつも応援ありがとうございます

My Favorite Quote
Honesty is the first chapter in the book of wisdom.
正直であることは、英知という書の第1章である。
(トマス・ジェファソン)

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
モコちゃんのお話を聞いて、
ちょっと切なくなりました。

言葉のしゃべれない、ワンちゃんだから、
時々、いつもと違うかな?って感じる時、
言葉が交わせたらって、切に思います。

2015年02月07日(Sat) 22:34
モカママさんへ
編集
本当ですね。
少し調子が悪いだけも、しっかり観察してあげないとダメですね。
「脚が痛いよ~」とか「お腹の調子が悪いの」とか言ってくれたらすぐに対処してあげられるのにな。
2015年02月08日(Sun) 09:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL