TOP手作りご飯 ≫ 手作り猪肉ジャーキー

手作り猪肉ジャーキー

今日もマロンに会いに来てくれてありがとうございます。
ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!! マロンは今日も元気です。

この前の土曜日の夜、久しぶりに手作りのおやつを作っちゃいました

マロンママの父は、罠を仕掛ける資格を持っていて、猪やら鹿やらを捕るんです。(←田舎に住んでる特権ですね!)

それでその肉をマロンにくれるのです。

猪の肉をもらったので、スライスにしてオーブンで焼きました。

スライスするときは、半解凍になったところで切るときれいに切れます。

DSC_9624_R.jpg

馬肉を買ったときに、一緒に買った馬骨も一緒に焼いてみました。

DSC_9625_R.jpg

左側の長いのが馬骨です。

ガスオーブン150度で35分焼きました。

DSC_9626_R.jpg

あんなに大きかったお肉が、縮んでちいさくなりました

DSC_9627_R.jpg

馬骨からは大量の油が出ていました

この油が身体にいいそうなんですけど…ちょっと生ではあげる勇気がなくて、焼いちゃいました。

この馬骨は MEEF DOGさんの説明によると…ここからはミーフドッグさんのHPからの抜粋です。

馬骨の中でで細い部分の骨です。

一頭の馬からわずかしかとれません。

はさみでもカットできます。

初めて骨を食べたわんちゃんはうんちに白いぼそぼそとした
消化できなかった骨が出てきますが、
だんだんと骨を消化吸収できるようになったら、そのような
うんちが出なくなってきます。
(我が家のワン達がそうです)

ストレス解消やカルシウム摂取、歯石除去にも効果大ですよ。ぜひ生のままで与えて下さい。

保存は冷凍で、与える半日前に冷蔵庫にて解凍してください。

骨には脂肪がついておりますが、馬肉中の脂肪は不飽和脂肪酸が全体の60-65%を占め、特に他の動物脂には殆ど含まれないαリノレイン酸(ω3)が豊富に含まれているからです。

 α-リノレイン酸とは、健康を維持する上で直接食べ物から摂ら無くてはならない必須脂肪酸のことで、体に良い働きをする DHAや EPAとなり、体のバランスを保ちます。

効能としては、アレルギー反応を低く抑えアレルギー体質を防ぐ効果悪質コレステロール値を下げ、動脈効果を防止する
心筋梗塞、脳血栓症による痴呆性を防ぐ作用、
脳の活動機能を高める効果、
ガンの発生や転移を抑止する効果

があるという説明です。

で、まだ骨をあげてはないのですが、匂いにはすごく反応していて、昨日はこれを焼いている間ずっとテンションたか~いままでした

猪肉のジャーキーは昨日、会ったお友達ワンコにも食べてもらったのですが、すごく好評でした

もちろんマロンにもね

お帰りの際、マロンちゃんをポチッとしていただけると嬉しいですO(≧∇≦)O
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
手作りジャーキー大好き 

いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
猪のお肉はめずらしいですね♪
そして、馬骨もはじめて知りました♪

私も、生であげる勇気ないなぁ♪
でも、こうすればあげられますね♪

焼いてる時から、テンション高かったマロンちゃん♪
食べさせてあげた感想も、また聞かせて下さいね♪
2015年01月19日(Mon) 09:06
モカちゃんママへ
編集
そうですね。猪のお肉のおやつも売ってるけど、あまり見ませんね。
でも、マロンはオリジンのフリーズドライのアルバータワイルドボア(猪肉のおやつ)が大好きなので、やっぱりジャーキーも大好きです。

馬骨は、ハサミで切れると書いてありましたが、焼きすぎたのか、結構固いのでまだあげていません(^^;)
結構油分がまだ残っていてベタベタするので、部屋の中であげるには汚れてもいい敷物がいりそうです。
2015年01月19日(Mon) 15:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL